top of page

今、学ぶべきデジマの必読本&オンライン講座


スマホやパソコンが浸透した現代、デジタルマーケティングは企業の販促活動に欠かせないものとなっています。誰もが情報を手軽に収集・発信できるようになったことで、消費行動が多様化しているためです。


しかし、次のような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

・デジタルマーケティングの重要性は理解しているが、何から手をつけていいかわからない

・今から勉強しても間に合うのか不安


この記事では企業のマーケティング担当者や経営者の方に向けて、以下の内容を解説します。


・デジタルマーケティングの概要

・Webマーケティングとの違い

・インプットすべき知識

・おすすめの本やオンライン講座


デジタルマーケティングをこれから学ぶ人は、ぜひ参考にしてください。


目次



1.デジタルマーケティングの概要

デジタルマーケティングとは、デジタル技術を使って多方面から顧客にアプローチし、売れる仕組みを作ることです。以下で詳しく見ていきましょう。


1-1.デジタルマーケティングはデジタル技術を活用したマーケティング

デジタルマーケティングを定義すると、デジタル技術を活用し、さまざまなチャネルや手法を使って行うマーケティング活動のことです。具体的にはWebサイトや電子メール、SNS、動画、デジタルサイネージ、スマホアプリなどが挙げられます。


インターネットが社会に浸透する前は、不特定多数の見込み客を対象にした「マスマーケティング」が主流でした。ところがスマホやパソコンを1人1台持つのが当たり前になったことで、従来のような画一化されたマーケティングでは消費者の購買行動を促すことが難しくなってきました。そこで導入されたのがデジタルマーケティングです。


デジタルマーケティングと従来のマーケティングとの大きな違いは、データを活用した「One to Oneマーケティング」ができることでしょう。デジタル技術の活用により、見込み顧客一人一人の興味関心や購買履歴をデータとして蓄積し、分析できるようになりました。そのため、顧客それぞれのニーズに合わせた戦略的なマーケティングが可能になったのです。


1-2.Webマーケティングはデジタルマーケティングの一つ

デジタルマーケティングと混同しがちな分野にWebマーケティングがあります。WebマーケティングとはWebサイトに特化した手法であり、デジタルマーケティングの一つです。


Webマーケティングでは、サイトを訪れたユーザーの行動を分析し、そのデータをもとに改善を繰り返すことで売上アップを目指します。一方、デジタルマーケティングはWebだけでなく、あらゆるデジタル技術を使った施策を含みます。顧客のインターネット上の行動履歴、実店舗への来店や購入の履歴などをすべてデータ化し、販売促進につなげられるのがデジタルマーケティングの特徴です。


2.デジタルマーケティングはインプットとアウトプットで勉強しよう

デジタルマーケティングの知識を身につけながら、実践でも使えるように効率良く学びたいなら、インプットとアウトプットのサイクルを繰り返すのが効果的です。


ある程度知識をインプットしたら、アウトプットとして社内マーケティングや個人のSNSでどんどん実践してみましょう。個人でブログやサイトを運営するのもおすすめです。検索エンジンで上位表示させるためのSEO対策の勉強になるほか、ツールを使ってユーザーの行動を分析するノウハウも身につきます。


3.インプットしておきたい4つの知識とおすすめ本

デジタルマーケティングの勉強をする上で、ぜひインプットしておきたい主な知識として、以下の4つが挙げられます。


  1. マーケティングの知識

  2. ITに関する知識

  3. クリエイティブの知識

  4. ツールの知識


ここでは4つの知識を解説しながら、それぞれの勉強におすすめの書籍を紹介します。


書籍名

カテゴリ

概要

マーケティングの知識

マーケティングの基礎をわかりやすく解説してくれる本です。

マーケティングの知識

アルファベットやカタカナが多くてわかりにくいマーケティング用語を、イラストとともにビジュアルで解説している本です。

マーケティングの知識

マーケティング思考力を鍛えるための手法「マーケティングトレース」について学べる本です。

ITに関する知識

デジタル技術を使ってビジネスを成長させていく過程を、マンガで楽しく学べる本です。

ITに関する知識

デジタルマーケティングの基本的知識から実践的な技術まで、図を使ってわかりやすく解説した本です。

ITに関する知識

AIと5Gが普及するこれからの時代のデジタルマーケティングのモデルを、業種別と機能別に解説する本です。

クリエイティブな内容に関する知識

Webでの配信に特化した記事の書き方や、SEO対策といったWebライティングの基本が学べる本です。

クリエイティブな内容に関する知識

「セールスコピー」と呼ばれる、買ってもらうための文章の書き方を学べる本です。

クリエイティブな内容に関する知識

Instagramマーケティングの入門書ともいえる一冊です。

クリエイティブな内容に関する知識

PRのノウハウが詰まった本です。

ツールの知識

Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ入門書です。

ツールの知識

Webサイトを成長させるための施策と分析方法、改善の考え方をまとめた教科書のような本です。

3-1.マーケティングの知識

デジタルマーケティングとは、マーケティング領域のうちデジタル技術を活用したもののため、マーケティング全般の知識は欠かせません。マーケティングには消費者のニーズや価値観をとらえるための市場調査や分析、商品の企画・開発、広告宣伝活動などが含まれます。


マーケティング知識を勉強したい方には、以下の書籍がおすすめです。

  • 『いちばんやさしいマーケティングの教本』

  • 『改訂版 マーケティング用語図鑑』

  • 『マーケティング思考力トレーニング』


次で一冊ずつ詳しく紹介していきます。


【初めてマーケティングを学ぶ人におすすめの本】

著者:中野 崇 定価:1,760円(税込)


マーケティングの基礎をわかりやすく解説してくれる本です。初めて学ぶ人にも理解しやすいよう、「マーケティングとは何か?」「ニーズとベネフィットとは何か?」という初歩的なことから扱っています。基本の概念だけでなく現場で使えるノウハウも満載。マーケティングの基礎を網羅的に学びたい人は、この本から初めて見てはいかがでしょうか?


【イラストで専門用語を理解できる本】

著者:野上 眞一 定価:1,980円(税込)


アルファベットやカタカナが多くてわかりにくいマーケティング用語を、イラストとともにビジュアルで解説している本です。「デジタルマーケティングの用語」や「ブランド戦略の用語」など関連用語でまとめているため、体系的に理解しやすく、マーケティングに携わるさまざまなビジネスの現場で、すぐに役立つでしょう。マーケティング初心者はもちろん、「用語がわからないけれど、今さら聞けない」と悩むビジネスパーソンにもおすすめです。


【実践での活かし方も学べる本】

著者:黒澤 友貴 定価:1,980円(税込)


マーケティング思考力を鍛えるための手法「マーケティングトレース」について学べる本です。マーケティングトレースとは、優良企業のマーケティング戦略をトレースし、自分のものにすること。成功パターンを蓄積することで、実践で使えるヒントが得られるでしょう。単にマーケティングを勉強するだけではなく、得た知識をどう使うか具体的に知りたい人は、ぜひ読んでみてください。


3-2. ITに関する知識

デジタルマーケティングにはIT、コンピューターやインターネットを使った情報処理や通信に関する技術も必須です。デジタル分野に常にアンテナを張り、新しい技術やトレンドの手法を把握しておく必要があります。そうはいってもITに関する分野は情報量が膨大なため、まずは一般的なツールや戦略といった基本的なことから理解しましょう。


ITに関する知識を勉強したい方には、以下の書籍がおすすめです。

  • 『漫画でわかる デジタルマーケティング×データ分析』

  • 『図解デジタルマーケティング・ハンドブック』

  • 『デジタルマーケティング2.0 AI×5G時代の新・顧客戦略』


一冊ずつ詳しく紹介していきます。


【とっつきやすいマンガで学べる本】

著者:上野 佑馬(ウマたん) 定価:1,650円(税込)


デジタル技術を使ってビジネスを成長させていく過程を、マンガで楽しく学べる本です。地域密着型アウトドアショップが業績を伸ばしていくストーリーに沿って、デジタルマーケティングの基本を学べます。デジタル領域の勉強を始めたいけれど、何をすれば良いのかわからない人の一冊目の教科書にぴったりです。


【わかりやすくITの基礎知識が学べる本】

著者:カーツメディアワークス 定価:2,200円(税込)


デジタルマーケティングの基本的知識から実践的な技術まで、図を使ってわかりやすく解説した本です。実践を重視した内容になっているため、デジタルマーケティングに取り組む際のガイドブックとして活用することも可能。デジタルマーケティングの基礎を網羅的に学びたい人や、実務担当者は読んで損はないでしょう。


【AIや5Gを活用したい人におすすめの本】

著者:安岡寛道 定価:1,490円(税込)


AIと5Gが普及するこれからの時代のデジタルマーケティングのモデルを、業種別と機能別に解説する本です。図解がふんだんに使用されており、視覚的に理解しやすいのも特徴の一つ。AI×5G時代のマーケティングについて学びたい人や、ビジネスに新たな視点を取り入れたい人におすすめです。


3-3.クリエイティブな内容に関する知識

デジタルマーケティングとクリエイティビティは一見、別のことのように思えるかも知れませんが、マーケティングには、バナーや動画の作成や記事の執筆など、さまざまなクリエイティブな要素が含まれます。また、何か具体的なものを作るだけでなく、自社の状況に合わせてマーケティングの戦略を立てるということも、柔軟なアイデアが必要とされるクリエイティブな仕事です。


現場で実務を担うのはデザイナーやライターであることが多いかもしれませんが、ターゲットに訴求するためのマーケティング戦略を効果的に進めるには、Webライティングやセールスコピー、SNS運用などクリエイティブの知識は役に立つでしょう。

クリエイティブな内容に関する知識を勉強したい方には、以下の書籍がおすすめです。


  • 『デジタル時代の実践スキル Webライティング』

  • 『セールスコピー大全』

  • 『ゼロからわかるビジネスInstagram 』

  • SNS×メディアPR100の法則


一冊ずつ詳しく紹介していきます。


【Webライティングに関わる人必読の本】

著者:佐々木 ゴウ 定価:2,068円(税込)


Webでの配信に特化した記事の書き方や、SEO対策といったWebライティングの基本が学べる本です。執筆やSEO対策のコツや、読者の行動を促すためのテクニックなどがわかりやすく解説されています。Web記事制作の初心者はもちろん、思うような成果が出せずに悩んでいる企業の広報担当者、ライターなどは、行き詰まったときの一冊として、手元に置いておくと重宝するでしょう。


【知っておくとビジネスのあらゆることに活かせる本】

著者:大橋 一慶 定価:1,980円(税込)


「セールスコピー」と呼ばれる、買ってもらうための文章の書き方を学べる本です。実務に活かせるノウハウが満載で、辞書のように使うのも良いでしょう。企業のHP、LP、SNS、メルマガなど、効果的なセールスコピーが必要となる場面は幅広くあります。売りたい商品やサービスがあるすべての人におすすめです。


【デザインについてのセンスも学べる本】

著者:株式会社ホットリンク 朝山高至 定価:1,650円(税込)


Instagramマーケティングの入門書ともいえる一冊です。Instagramのアカウント作成から運用のコツ、フォロワーの増やし方、売上げを伸ばすヒントなどが満載。また「映える」写真撮影のコツやデザインのアイディアなども紹介されています。Instagramでものを売るコツを知りたい人や、なんとなく自己流で取り組んでいた企業のSNS運用担当者は、ぜひこの本を読んで、戦略的なSNS運用を進めてみてください。


【戦略を組み立てる力をつけたい人におすすめの本】

著者:笹木 郁乃 定価:1,650円(税込)


PRのノウハウが詰まった本です。戦略や考え方だけではなく、著者が実体験とたくさんの事例から生み出した「具体的な法則」を紹介しているので、誰でもすぐに実践できるのがポイント。SNS初心者はもちろん、広告の効果が思うように上がらず悩んでいる広報・営業担当者はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。


3-4.ツールの知識

デジタルマーケティングの現場では効果検証や分析のためにさまざまなツールを使います。すべてを理解するのは難しいので、まずは基本を押さえておきましょう。以下のおすすめ書籍で学べるGoogle Analytics(アナリティクス)やGoogle Search Console(サーチコンソール)は、デジタルマーケティング初心者も知っておくべき基本的なツールです。


ツールの知識を勉強したい方には、以下の書籍がおすすめです。

  • 『沈黙のWebマーケティング—アップデート・エディション』

  • 『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書』


一冊ずつ詳しく紹介していきます。


【Webマーケティングの分析やツールについて学べる本】

著者:松尾 茂起 定価:2,420円(税込)


Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ入門書です。SEO対策やGoogleサーチコンソールの使い方、SNSの活用法、コンテンツマーケティングのポイントなど、Webマーケターに必須の知識がわかりやすく詳細に解説されています。ストーリー仕立てになっていて、楽しみながら学べるのもポイント。Webを使った集客に携わるすべての人はぜひ手元に置いておきたい一冊です。


【基本ツールのことを知りたい人におすすめの本】

著者:小川 卓 定価:3,278円(税込)


Webサイトを成長させるための施策と分析方法、改善の考え方をまとめた教科書のような本です。GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャなどのツールの設定方法や使い方も解説されています。リスティングやメルマガ、バナー広告、SNSといった重要な施策についての基礎知識や分析方法についてもまとめられているので、Webマーケティングを1から学びたい人におすすめです。


4.実践でアウトプットしながら磨きたい4つのスキル

デジタルマーケティングの実務では、データを分析した上で施策を立案し、実行しながら改善を繰り返して販売促進につなげることが求められます。ここでは、これからデジタルマーケティングを学ぶ人が実践を通して磨きたい主なスキルを4つ解説します。


  1. コミュニケーションスキル

  2. リサーチスキル

  3. 分析スキル

  4. 試行錯誤しながら実行するスキル


4-1.コミュニケーションスキル

デジタルマーケティング担当者は、クライアントや自社の経営陣など、多くの関係者と関わる必要があります。また、業務は分析や企画立案、実行、改善など多岐にわたるため、他部署との連携が必要な場面も少なくありません。そのため、コミュニケーションを密に取りながら、施策を進めていくことが求められます。コミュニケーションスキルは一朝一夕では身につかないため、とにかく実践を繰り返して改善していきましょう。


4-2.リサーチスキル

デジタルマーケティング業界は日々進化しており、常に最新の情報を得るためのリサーチが欠かせません。最新のデジタル技術や国内外のマーケティング動向、検索アルゴリズムの変更、SNSで何が話題になっているかなどを日々チェックし、各方面にアンテナを張っておきましょう。リサーチをする中で自社の課題や新たなビジネスチャンスが見つかる可能性もあります。


4-3.分析スキル

デジタルマーケティングでは、分析したデータを社内で共有し、施策の立案や効果検証・改善といった意志決定に活かします。そのため、分析スキルも必須です。データ分析とは、デジタル技術を通して得られる膨大なデータを整理・加工し、必要な情報だけを抽出することを指します。


BIツールなどの分析ツールはたくさんありますが、単にそれらを使いこなすだけではデータを十分に活用できません。「目的達成のためにはどんなデータが必要か」「データをどう解釈するのか」といった思考を実践の中で繰り返すことも大切です。


4-4.試行錯誤しながら実行するスキル

デジタルマーケティングでは、データを分析しながら常に施策立案・実行・検証を繰り返し、ブラッシュアップしていくことが求められます。そのため、試行錯誤しながら実行するスキルは必須です。データを活用するコツやノウハウは世の中にたくさんありますが、実行してみるとスムーズに行かないことも少なくありません。失敗してもへこたれず、試行錯誤を繰り返しながら改善を続けて実行力を高めていきましょう。


5.デジタルマーケティングの勉強におすすめのオンラインメディア

デジタルマーケティングを学ぶなら、オンラインメディアもおすすめです。中には無料で利用できるものもあります。有料・無料合わせて7つのオンラインメディアを紹介します。



5-1.Googleデジタルワークショップオンライン【無料】


15のコースがあり、「デジタルマーケティングの基礎」では動画視聴と確認テストによってデジタルマーケティングの基本的な知識を学べます。26のユニットの学習を終えると最終試験を受け、合格すれば認定証の取得も可能。これからデジタルマーケティングに携わりたい人や、社内でのキャリアアップを目指す人はまずトライしてみると良いでしょう。


5-2.アナリティクスアカデミー【無料】


Googleアナリティクスの機能や使い方を無料で学べるコンテンツです。初級者向けコースではアカウントの作成やレポートの基本的な分析方法、目標とキャンペーン、トラッキングの設定などを習得できます。ブログを運営している人や企業のWebサイトの担当者など、データの収集と分析について学びたい人は、まずはこの講座から始めてみてください。


5-3.Ferret WEBマーケティング講座【無料】


Webマーケティングを基礎から実践までを無料で学べる講座です。マーケティングの基本的な用語やノウハウ、フレームワーク、ツールの使い方など、さまざまなコンテンツを体系的に学習できます。SEO、広告、アプリ、SNS、分析というようにカテゴリが分かれており、ピンポイントで知識を得たい人に使いやすいでしょう。


5-4.ジッセンオンライン【無料】


ジッセンオンラインは、一部無料で学べるデジタルマーケティング領域専門のeラーニングサービスです。コース設計があるため自分に必要な知識を体系的に学べる上、気になる講座をピンポイントで視聴することも可能。デジタルマーケティングを1から学びたい人や、スキルを伸ばしたい人におすすめです。無料で視聴できる講座は限られているため、すべて見たい場合はプレミアム月会員になる必要があります。


5-5.HubSpotアカデミー【無料】


HubSpotとは、アメリカで開発されたインバウンドマーケティングのソフトウェアのことです。HubSpotアカデミーではSEO戦略やサイトの設計、HubSpotのマーケティングツールの使い方といったインバウンドマーケティングに必要な知識を体系的に学習できます。キャリアアップを目指す人、認定資格を取得してスキルを証明したい人におすすめです。


5-6.Udemy【有料】


Udemyは20万を超える講座をオンラインで視聴できるサービスです。基本的には自分で選択したコースを購入する形ですが、中には無料で視聴できる動画もあります。講座は買い切り型で、視聴期限はありません。


数千円で受講できるコースも多いので気軽に始められるでしょう。LPの構築方法やWebサイトの分析、Webデザイン、Webライティングというようにさまざまな講座があるため、気になるテーマを集中的に学習できます。定期的に行われているセールを狙って購入すれば、かなりリーズナブルに専門知識を学ぶことができるでしょう。


5-7.ココエのDXリテラシー基礎講座【有料】


実践的なDXリテラシーを学べるe-learning講座です。単なる知識や技術の解説だけでなく、ワークショップなどと組み合わた実践的な内容のため、ビジネスの現場で活かせる即戦力を身につけやすくなっています。


ITやデジタルに不慣れな方でも、抵抗感なく理解できる内容の講座は意外と少ないため、初歩から学びたい方に特におすすめです。デジタル人材育成ポータルサイト「マナビDX」では、一部の講座が無料視聴できます。まずは試しに受けてみてはいかがでしょうか?


6.デジタルマーケティングは知識をいれながら実践することが大切

AI時代が本格的に到来しつつある今、デジタルマーケティングのさらなる発展が見込まれます。この機会にぜひ、デジタルマーケティングを学んでみてはいかがでしょうか。デジタルマーケティングでは、知識をインプットするだけでなく、実践を繰り返すことが大切です。


とはいえ、社内にデジタルマーケティングを効果的に実践できる人材が少なかったり、ゼロから教育する余裕もなかったりと困っているなら、プロに相談するという手もあります。


株式会社ココエでは、デジタルマーケティングに関するコンサルティングも行っています。大手通信企業を筆頭に、大手上場企業のDXをデジタルマーケティング、CRMにより推進してきた実績を持ちます。「データの活用方法を知りたい」「ツールを導入したものの活用できていない」といった悩みがある企業様・ご担当者様は、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。


また、サービスに関する資料と事例集をこちらから無料でダウンロードできます。


マーケティングやDXのノウハウ記事のほか、トレンドの紹介、セミナーや勉強会のレポートなど、気軽にお役立ち情報を学ぶことができる、株式会社ココエのブログとnoteも、ぜひご活用ください。



Komentarai


Komentavimas išjungtas.
bottom of page