top of page

【事例あり】TikTokフォロワー数の増やし方|自社マーケに使える運用方法を解説!







Tiktokとは、15秒・60秒・3分の短尺動画を作成し、音楽に合わせて投稿できるSNSツールです。娯楽として使用する個人の方が多い一方で、企業がTiktokを活用し、商品やサービスの認知度を高めるなど、広告やマーケティング目的で使用することも増えてきました。


一方で、自社でもTiktok運用を初めてみたものの、フォロワー数が伸びづらいと悩んでいる担当者も多いのが現実です。


そのため、この記事ではTiktokでフォロワーを着実に増やす方法を解説します。また、フォロワーを増やす際の注意点や、実際にTiktokを上手く活用している成功事例も紹介します。


この記事を読めば、具体的な方法を熟知し実際にフォロワーを増やすことが期待できます。また、知識やノウハウを今後企業内で共有することで、様々な社員によってTiktokの運用ができるようになるでしょう。



▼目次



1. Tiktokのフォロワーを増やす上で知っておきたいこと

Tiktokを運用しフォロワー数を増やす方法を知る前に、Tiktokのアルゴリズムを理解しておくことが重要です。


アルゴリズムとは、投稿した動画がどのようにして拡散されていくかを表す仕組みのことです。拡散の仕組みを熟知しておくと、上手に拡散できる攻略法が見えてきます。


アルゴリズムを考慮したTiktok戦略を行うことで、よりたくさんのユーザーに拡散されフォロワー数増加につながりやすくなるので、これから紹介する2つのアルゴリズムタイプを知っておきましょう。



2. Tiktokのアルゴリズムの種類



Tiktokのアルゴリズムは、下記のように二つの種類に分類できます。

  • 加算式アルゴリズム

  • 減算式アルゴリズム


二つのアルゴリズムタイプを攻略すれば、動画再生数が以前よりも各段に上がったり、フォロワー数が順調に伸びたりするでしょう。


2-1. 加算式アルゴリズム

加算式アルゴリズムとは、投稿動画が高い評価だと判断される根拠になるいくつかの指標のことです。


下記の指標が高いと、動画の評価も高いと判断されます。

  • いいね率

  • シェア率

  • フォロー率

  • コメント率

  • 平均再生時間

  • 再生完了率

  • ダウンロード数

  • プロフィール閲覧率


Tiktok運営側には、ユーザーが高評価、注目する動画をより多く他のユーザーに知ってほしいというという考えが根本にあります。そのため、上記の指標が高いコンテンツをおすすめ上位に表示させ、拡散させやすくしています。


上記の指標の数値を向上させ、Tiktok運営側からの評価を高めることで、動画がより多くのユーザーの目に触れるようになります。フォロワー数の増加も期待できるでしょう。



2-2. 減算式アルゴリズム

減算式アルゴリズムとは、動画の評価が低くなる原因となる指標のことです。以下の項目に当てはまると、動画の評価が低くなります。

  • 視聴維持率が低い

  • ほかのSNS媒体へ誘導している

  • 「興味ありません」ボタンがタップされている

投稿者側は、上記の数値が低くなるようにコンテンツを作成することが求められます。


3. Tiktokのフォロワーを増やす方法7つ




アルゴリズムを理解できたら、フォロワーを増やしていく実際の方法を知る必要があります。


今回紹介するのは、以下の7つの方法です。

  • 毎日投稿する

  • ターゲットを明確にする

  • 投稿するジャンルを統一する

  • 人気な音楽を使う

  • トレンド・流行にあったハッシュタグを使う

  • 投稿する時間帯にこだわる

  • 動画を分割して投稿する

以下で一つずつ詳しく見ていきます


3-1. 毎日投稿する

動画の投稿頻度としては、「1日1投稿」以上を目指しましょう。


毎日投稿すれば、動画が多くのユーザーに届く可能性が必然的に増えてバズる可能性が高くなるからです。毎日投稿をしていないと、フォローしてくれたユーザーから忘れられてしまう懸念があり、最悪の場合フォローを外される可能性があります。

 

Tiktokは、ユーザーの興味関心のある動画がおすすめ表示され、フォローしている動画が優先して表示されます。


つまり日々の投稿をしていない間に、他アカウントの動画でホーム画面が埋め尽くされてしまい、自社のアカウントが表示されにくくなる可能性があります。また、フォロワーから活動の少ないアカウントとみなされ、フォロー解除にいたるケースもあるので注意が必要です。


3-2. ターゲットを明確にする

アカウントを運用する場合は、ターゲットを明確にすることが重要です。


具体的には、特定の年齢層に的を絞ることです。年齢層を絞ることで、動画内容の方向性が明確になり、コンテンツに対してユーザーからの共感性が高まります。


20代をターゲットにするか、30代をターゲットにするかだけでもコンテンツのニーズが違うことは明らかでしょう。動画内で使う音楽や、フォント、メッセージ性など細部に至っても、年齢層によって反応が全く違うことに気づくと思います。


逆にターゲットが明確ではなく「全方位にアプローチしたい」という考えを持っていると、結局どのユーザーにも刺さらない動画になってしまう可能性があります。最終的にアルゴリズム指数の低いアカウントとみなされてしまい、フォロワー獲得から大きく遠のいてしまうでしょう。


3-3. 投稿するジャンルを統一する

先ほどの「ターゲットを明確にする」と類似する部分がありますが、投稿するジャンルを統一することが大切です。


ターゲットが明確になったら、実際にその層にどのようなジャンルが需要があるかを考える必要があります。ジャンルは「需要」から導くことに加えて、自身や企業のブランディングの中で得意とするジャンルから決めるといいでしょう。


例えば、20代女性をターゲットとした時、恋愛・料理・悩み相談などのジャンルと、釣り・キャンプなどのジャンルを比べたら、圧倒的に前者の方が需要が大きいと判断できます。


そのため、ターゲットを絞り、投稿ジャンルもターゲット層に合わせ、統一した内容を選択することが大切です。


3-4. 人気の音楽を使う

Tiktokでトレンドの音楽を使って投稿するとバズりやすい傾向にあります


Tiktokは、動画に対して音楽を加えられるのが大きな特徴です。実際におすすめ動画の中で、同じ音楽が何回も使われているのを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。


トレンドの音楽を使用するとユーザーの視聴維持率の向上、いいね獲得やダウンロード数のアップが期待できます。そうしたエンゲージメント数の増加によってアルゴリズム指数が高いと評価され、おすすめ表示されやすくなるという仕組みもあります。


ただ、確実にバズるというわけではなく、あくまで「傾向」であることを理解しておきましょう。


3-5. トレンド・流行にあったハッシュタグを使う

InstagramやTwitterなどのSNSと同じく、Tiktokでもハッシュタグを付けることで、動画がヒットする可能性があります。


Tiktokのアルゴリズムでは、トレンドにあるハッシュタグのついた動画が表示されやすい傾向にあります。トレンドであるということは、多くのユーザーが注目している内容であるため、Tiktok運営側は注目されている動画をおすすめ表示しやすくなるという仕組みです。


ハッシュタグは、検索ボリュームが大きいものを選ぶと良いでしょう。ハッシュタグ投稿数が1万以上のものがおすすめです。ハッシュタグの投稿数が1万以下の場合は、検索するユーザーが少ないため効果が少ないと考えましょう。


また、ハッシュタグチャレンジに挑戦するのも戦略の一つです。ハッシュタグチャレンジとは、決められたハッシュタグのテーマに合わせて動画撮影し、投稿する企画です。多くのユーザーやインフルエンサーが同じ目的で参加するため、ハッシュタグ検索をした際に自社の投稿が表示される機会が多くなります。


3-6. 投稿する時間帯にこだわる

投稿する時間帯におすすめなのは以下の3つパターンです。

  • 12時から13時の昼食時間

  • 夕食後の19時から21時

  • 寝る前の深夜23時から0時

12時から13時の昼食時間は、学生・社会人に関係なくスマホを触る時間が多く、Tiktokを視聴するユーザーが多く存在します。


その他に、スマホを触る時間は、夕食後の19時~21時や寝る前の23時~0時に増加する傾向があるため、こういった時間に投稿すると視聴されやすくなるでしょう。


また、同時間・定期的に投稿すると、コンスタントに投稿するアカウントであるとユーザーに認識してもらえるため、フォロー解除の防止にもなります。


インサイト分析では、自分の投稿が時間帯ごとにどのくらい視聴されているかをチェックできます。視聴ボリュームが多い時間帯に絞って投稿するのも一つの手だと言えるでしょう。


3-7. 動画を分割して投稿する

ユーザーにアカウントに興味を持ってもらい継続して動画を視聴してもらう方法として、動画を分割して投稿する方法があります。


例えば、中尺の動画を前半・後半に分割して投稿するというやり方です。動画を分割することで、前半を視聴し終えた時に「続きが気になる!」「結末はどうなるの?」とユーザーの興味・関心アップが期待できます。


前半で上手く興味を持ってもらえれば、後半の動画を視聴するためにプロフィール画面に訪れる可能性も高くなります。


また、より効果を高めるために、テレビ番組などで良く使われる「○○はCMの後」というようなユーザーの離脱を防ぐ施策を行うと良いでしょう。


効果の高い惹き込み方法を生み出すために試行錯誤することも、Tiktok運用では重要になります。


4.Tiktokのフォロワーを増やす際の注意点




動画再生数を上げ、フォロワー数を増やすための7つの方法を解説しました。基本的な戦略になりますので、運用する際は必ず7つの方法を実践するところから始めましょう。


ただ、方法を学んだだけではまだTiktokを上手く運用するには不十分だと言えます。次はフォロワーを増やす際の注意点について説明します。この3点も併せてチェックしておきましょう。

  • Tiktokでフォロワーを購入するのはNG

  • 相互フォロー掲示板を利用するのはOK

  • Tiktokの規約を違反しないこと

上記の注意点を知っておかないと、アルゴリズム指数が急激に下がってフォロワー数増加が困難になることや、最悪の場合アカウントが凍結されてしまうこともあります。


この3点を詳しく解説していきます。


4-1. Tiktokでフォロワーを購入するのはNG

フォロワーを購入することはNG行為です。絶対にしないようにしましょう。


Tiktok運営側はフォロワーを購入したかどうかの判断ができます。フォロワーを購入したことが明らかになるとアルゴリズム指数が下げられ、露出しにくくなります。


また、購入したアカウントは活動しないので、動画に対するいいねやコメントが増えることはありません。反対にエンゲージメント率が下がってしまうことが、アルゴリズム指数の下がる原因になります。

*注釈

エンゲージメント:いいね・コメント・シェア・ダウンロードなどの投稿に対するユーザーの何らかのアクション

エンゲージメント率:エンゲージメント数をアカウント数で割って算出されるパーセンテージ(自分のアカウントに対して、フォロワーがどのくらいアクションしたかがわかる)


>>>SNSのエンゲージメントについて詳しく知りたい方はこちら


4-2. 相互フォロー掲示板を利用するのはOK

フォロワー購入はNG行為ですが、相互フォロー掲示板を利用するのはOKとされています。


相互フォロー掲示板とは、全国から相互フォローを目的として集まったユーザーを集めたコミュニティのことです。名前・Tiktok IDなどの基本情報を掲載すれば、相手から相互フォローの申請がくる可能性があります。


4-3. Tiktokの規約を違反しないこと

Tiktokは利用規約を定めており、規約に違反するとアルゴリズムでおすすめから表示を外されることや、投稿者への注意喚起・一時停止・永久停止などのペナルティが発生します。


以下が利用規約になりますので、動画内容が規約違反していないか今一度確認しておきましょう。


  • 危険な行為とチャレンジ

  • 自殺、自傷行為、摂食障害

  • 成人ヌードと性行為

  • いじめとハラスメント

  • ヘイトによる振る舞い

  • 力的で過激な行為

  • 違法行為と規制対象品

  • 著作権および商標権侵害




5.Tiktokのフォロワー数を増やした成功事例3つ

最後に他の企業がどのような施策でフォロワー数を大きく増やしたかをご紹介します。

成功事例は以下の3つです。

  • 某飲食店

  • 某バーチャルユーチューバー

  • 某法律事務所


実際の成功事例から、自社のアカウントに活かせる点や学びに繋がる点が見つかるかもしれません。



5-1. 某飲食店

某飲食店では普段見ることができない、商品の調理工程を公開するという施策が特に効果を発揮しています。


他にも、Tiktokで人気な音楽をしっかりと使用する、動画のテンポを重視するなどして効果を高めています。

【施策】

  • 商品の調理工程を公開

  • リズム感のあるカット方法や動画の繋げ方

  • 流行の音楽を使用


【施策の良い点】

  • 商品・メニューの裏側や調理工程を公開

  →普段は非公開の情報を見られるという"特別感"が、ユーザーの興味・関心に上手く合致した。


  • リズム感のあるカット方法や動画の繋げ方

→30秒ほどの短尺動画が多く、ユーザーの離脱率を防いでいる。早送り機能や見やすいカット方法を駆使しているので飽きずに見られる。


  • 流行の音楽を使用

→ターゲットを若者に絞り、流行の音楽を使用している。動画構成との相性が良く、可愛くポップな印象を上手く伝えている。


5-2. 某バーチャルユーチューバー

某バーチャルユーチューバーは、人気の音楽に合わせてダンスを披露する施策で特に成果を上げています。


バーチャルキャラクターのダンス動画は、インフルエンサー本人のダンス動画よりも希少性が高く、上手く差別化ができています。


【施策】

  • 人気の音楽に合わせたダンス


【施策の良い点】

  • 人気の音楽に合わせたダンス

→バーチャルキャラクターのダンス動画は希少性が高く、差別化が上手にできている。画質や色合いも良いので、スマホ画面で見たときに見栄えがする。


5-3. 某法律事務所

某法律事務所は、過去の珍しい事件の紹介や税金などの生活に関わる情報をわかりやすく解説する施策で特に効果を発揮しています。


特に、税金や貯金、法律関係などの難しい内容を一般向けにわかりやすく説明しているため、ユーザーの需要に応えることができています。


【施策】

  • 税金や貯金、法律関係情報をわかりやすく解説

  • これまでに起こった珍しい事件の紹介

  • テロップと効果音のシンプルな構成


【施策の良い点】

  • 税金や貯金、法律関係情報をわかりやすく解説

→専門的なコンテンツを非常にわかりやすく説明している。動画を見れば内容が網羅的に分かり、実際に役に立つ内容でもあるため、ユーザーの需要に合っている。


  • これまでに起こった珍しい事件の紹介

→雑学的な情報を写真やイラストを用いて視覚的に示している。


  • テロップと効果音のシンプルな構成

→見やすくシンプルなテロップなので、動画に集中できる。効果音も適切に入れられていて完成度の高い動画である。


6.まとめ

本記事では、Tiktokでのフォロワーの増やし方や注意点、成功事例を紹介しました。


フォロワーを伸ばす方法を知ったことで、スムーズにアカウントを運用できると感じたのではないでしょうか。実際に成功事例も紹介したので、自社のアカウントに活かせる部分もあったと思います。


しかし、いざ運用するという時に「実際に誰が運用するのか」「人手がそもそも不足している」という人材リソースに不安が出てくることもありますよね。


  • 「自社に合わせた具体的なTiktok運用の施策がわからない」

  • 「Tiktokマーケティングを担当する人手が不足している」


上記のような不安を抱えている場合には、デジタルマーケティングの専門家に相談するのも一つの方法です。


株式会社ココエでは、デジタルマーケティングに関するノウハウと経験があり、さまざまな企業のマーケティング施策をお手伝いをしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。





▶︎株式会社ココエについて1分でわかる資料請求はこちら


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page