top of page

検索エンジンに評価されるWebライティングとは?-書き方のコツと上達方法を大公開-



デジタルマーケティングに携わる方は、Webに掲載する記事を量産することが第一と考えているケースもあるようです。しかし、Webライティングの基本的な知識を理解せずに記事を量産しても、ターゲットとなるユーザーに読んでもらえるとは限りません。


今の時代のデジタルマーケティングに欠かせないのは、SEOを意識したWebライティングです。Webライティングによって良質なコンテンツを発信することが、優良な顧客の獲得につながります。しかし、Webライティングがそもそも何であるか、どのように書けばいいのかわからない方もいるでしょう。


そこで、この記事では、

・デジタルマーケティングの担当者

・個人でブログを開設したい方

・収益を生むサイトを作りたい方

・Webライティングの初心者

・Webライティングの方法を知りたいと思っている方


これらの方々に向けて、Webライティングの書き方やコツ、スムーズに進める手順、注意点などを詳しく解説します。



▼目次


1.Webライティングでは読者と検索エンジンを意識する



Webライティングとは、「Webサイトで読まれる文章を書くこと」です。デジタルマーケティングのためのものなら、多くの読者に文章を読んでもらい成果につなげることが目的となります。そのためには検索エンジンに良質なコンテンツと認めてもらい、検索結果画面の上位に表示される必要があるでしょう。


Webライティングでは、一般的な紙媒体のものと違って、文章の構成や記述など、SEOを意識した独特の手法があります。その手法を知っているのと知らないのとでは、同じ内容の文章でも検索結果とページビューに大きな差となって表れるのです。現代はスマートフォンと高速通信の普及で、紙媒体からWebへの需要が増加しています。ニュースやマンガもスマートフォンで読む時代になり、デジタルマーケティングにおけるWebライティングの需要はますます高まっているのです。


2.Webライティングの5つの手順

読者の役に立ち、良質なコンテンツとして評価されるWebライティングはどのように作成したら良いのでしょうか。ここでは、検索エンジンにも評価されるようにSEO対策を考慮したWebライティングの書き方を解説します。


  1. 記事の目的とターゲットを定める

  2. 構成を書く

  3. 本文を書く

  4. 遂行する

  5. Webにアップする


2-1.記事の目的とターゲットを定める

Webライティングでは、文章を書き始める前にターゲットとする読者を定めます。そして読後にどのようになってほしいのか、どのような行動をとってほしいのかという目的を明確にしておきましょう。


例えば、自社で販売している化粧品を20代女性にもっと知ってもらい手に取ってもらいたい、というゴールがあるとします。その上で、デジタルマーケティングの一環としてWeb記事を作成するとき、記事のターゲットは20代女性で、記事によって自社商品を知ってもらい購入につなげることが目的となるでしょう。

2-2.構成を書く

小説なら、枠組みを起承転結にする構成が一般的です。ただし、これはあくまでもストーリー性のある物語に限ったことで、Webで公開する文章はこのようにはいきません。Web読者は、知りたい情報について調べたとき、画面に表示された文章を一から順に読んでくれるわけではないからです。


Webライティングは、どのような情報が書かれているかがわかるよう、章立てで見出しを書く形が一般的です。構成は、リード、本文、まとめという流れになり、本文は、大見出し、中見出し、小見出しでまとまりごとに分け、内容をわかりやすくします。


リードとは、本文の前に書かれる短い文章のことで、記事の概要を表し、読者の興味を引くための導入文です。

マインドマップや箇条書きなどで、各章の見出しを整理しておくと、大筋からの逸脱や重要ポイントの漏れなどを防げます。さらに、見出しごとに盛り込みたい内容や、参考にしたいURL等もメモしておくと、実際に書き始めたときに思考が迷走することなくスムーズに進められるでしょう。


2-3.本文を書く

本文は構成で決めた見出しごとに、内容を埋めていきましょう。全体の構成が決まってさえいれば、必ずしも順番に書く必要はなく、書きやすい見出しや一番伝えたい箇所から書いても構いません。


なかなか書き出しが思いつかなくて筆が進まないという方は、最初から完成した文章を目指すのではなく、まずは思考をとにかく文字にしてみましょう。あとから文章を見直してブラッシュアップしていきます。また、調べなければ書けないことや思考が止まって手が進まない部分はひとまず後回しにして、書ける部分から進めるというのも手です。


2-4.推敲する

推敲とは、文章を見直してわかりにくく伝わりにくい部分はないか、もっと他に良い表現がないか、など文章を練ることを指します。加えて、校正作業も含めて推敲と考えて良いでしょう。


校正はいわゆる紙原稿での赤入れで、誤字脱字、表記ゆれ、主語述語のずれ、論理展開の矛盾など総合的にチェックします。Webライティングでは、特に同音異義語の変換ミスにも気をつけてください。


英数字や記号は半角か全角か、西暦か和暦か、金額の表記方法などは、決められたレギュレーションどおりに修正します。サイトのカラーや取り扱う商品などに合ったトンマナにも気をつけましょう。トンマナとは「トーン&マナー」を略したもので、フォーマルかカジュアルな文章か、メディア全体を通して読者層が好む雰囲気に一貫性を持たせることが重要です。


2-5.Webにアップする

Webライティングは文章を書くことと説明しましたが、SEOの観点では、その後のWebへのアップ作業も重要な意味を持ちます。


Web読者は、画面いっぱいに淡々と文字が並んでいるものは、なかなか読もうとはしません。文字の大きさやフォントを変えるなどしてメリハリを意識し、重要なポイントにはマーカーや文字の色を変えるなどして装飾をして目立たせましょう。WordPressなどWebサイトを管理するCMSへのアップの際にデザインを施せます。


本文も、適宜空白行を入れたり、写真やイラストなどを挟んだりして文字の圧迫感が強くなりすぎないように気をつけましょう。PCで読んでもスマートフォンで読んでも見やすいように、吹き出しやフレームなどを使ってレイアウトを工夫する必要があります。


3.WebライティングでNGなこと



Webライティングでは、やってはいけないことや気をつけるべきこともあります。以下で、WebライティングにおけるNG行為について解説します。


3-1.他サイトなどからのコピペ

Webライティングは、他の記事を参考にして書き進める場合も多くあります。その際、文章や文体は真似にならないよう、自分の言葉で書きましょう。


既存の記事に似ている文章は、ともすると検索エンジンに模倣やコピーコンテンツと見なされ評価が低くなってしまいます。真似しているつもりはなくても、知らず知らずのうちに既存の文章に似ていることがあるかもしれません。


このような場合、どの程度似ているのかを客観的に判断する材料として、コピペチェックツールを利用するのがおすすめです。無料で使えるものもあるので、利用して内容に問題がないことを確認したうえでWebにアップしましょう。


3-2.画像などの無断使用

記事内で画像を挿入する場合は、その画像を無断でWebにアップすることは著作権の侵害に当たります。イラストだけでなく写真も同様に、だれかが描いたり撮影したりした画像を無断で転載すると、著作権法違反で訴えられる可能性があります。


通信事業者を介して本人が特定され、損害賠償を請求された事例もあるため気をつけてください。検索エンジンに不適切なコンテンツと通報されれば、ペナルティを受ける可能性があるためです。


3-3.だらだらと長文を書く

読者が早く答えにたどり着けるように、不要な長文は避け、簡潔でわかりやすい短文にするなどの工夫が必要です。また、結論を最初に述べて、理由付けをその後で説明するなど文章の組み立ての工夫も必要になってきます。


Webは本や雑誌などの紙媒体と違って物理的なスペースの制限がありませんが、だからといってたくさん書いて良いというものではありません。同じことの繰り返し、冗長な表現などでだらだらと長文を書き連ねず、過不足なく書くように気をつけましょう。


4.最後まで読んでもらうための4つのコツ

Webライティングでは、離脱することなく読者が最後まで記事を読み進められることが大切です。ここからは、文章を読んでもらえるコツをお伝えします。


4-1.書き方の型を知る

Webライティングでは、文章の型に沿って書くと伝わりやすい文章が書きやすくなります。ここでは、普段から使える2つの型をご紹介します。いずれも、読者にとって知りたい情報を先に簡潔に述べる「結論ファースト」であることが特徴です。


【SDS法】

SDS法は、要点(Summary)、詳細(Detail)、要点(Summary)の3段階で、伝えたいポイントを最初と最後に述べます。


最初に要点から入ることで、読者が全体像を大まかにつかむことができ、これからの展開が想像しやすくなります。次では、詳細な内容を説明し、最後に再度要点を述べることで、しっかりとポイントを伝えることができるのです。結論や事実を端的に伝えるニュース、報告書、取材記事などに向いている手法です。


【PREP法】

PREP法は、要点(Point)、理由(Reason)、具体例(Example)、要点(Point)の4段階で構成される文章の型です。


最初と最後に要点を伝えるのは上述のSDS法と同じですが、間に理由と具体例を挿入することで、要点をより説得力のあるものとして印象付けることができる手法です。読者は、より掘り下げた内容を知ることができ、情報に対する信頼感も得られます。


PREP法は、読者の満足度も高く検索エンジンにも有益なコンテンツとして認知されやすい方法です。Webライティングで広いジャンルの記事に取り入れやすい型として覚えておくと良いでしょう。


4-2.1文は40字以内で簡潔にする

Webライティングでの文章は、読みやすくわかりやすい言葉で書くことが重要です。理解しやすい1文の長さは、40字から60字程度とも言われています。一文一義になるよう、一つの文章には一つの情報のみにとどめるよう心がければ、その程度の長さに収まるでしょう。長くなりそうなときは複数の文に区切ったり、箇条書きにしたりなど、リズム良く読めるよう工夫してみましょう。


4-3.語尾に変化をつける

Webライティングの際に、「〜ます。〜〜〜ます。〜〜〜ます。」のように同じ語尾が連続しないように気をつけましょう。語尾が続くと単調で稚拙な文章と感じられ、読者にストレスを与え離脱される原因にもつながります。


また、「稚拙な文章」と悪いイメージを持たれてしまうと、情報の信憑性にも疑念を持たれかねません。そのため、語尾には変化をつけて「です、ます、ました、ません、でしょう」など、適宜使い分けて、読むリズムが単調にならないよう気をつけましょう。


4-4.トンマナやレギュレーションを守る

トンマナは「トーン&マナー」の略で、Webライティングにおけるトンマナとは、文体や雰囲気を指します。レギュレーションとは規則や決まりを指します。


例えば、やわらかな文体で絵文字も使った文章と、漢字が多く硬い文章とでは、読者は真逆のイメージを持つでしょう。コンテンツ内のトンマナが、そのまま記事を発信している企業や、商品のイメージにもなりえるため、ある一定のトンマナを決め、それに沿って一貫性のあるコンテンツを作りましょう。


5.離脱を防ぐためのの4つのコツ

ここからは、読者に最後まで読み進めてもらうコツとして、文章の書き方以外に気をつけると良いコツを紹介します。


5-1.適宜改行して空白行をいれる

せっかく書いた文章を読んでもらうには、見せ方も工夫しましょう。画面いっぱいに文字が並ぶと情報量が多いと感じ、読む気がなくなる方もいます。また内容のまとまりがわかりづらくなるため、読者はストレスを感じ、離脱しやすくなります。


そのため、文章のまとまりごとに分けて、間に1行分空白を空けるなどして、読みやすくする工夫が必要です。どの程度で改行するかはメディアの方針にもよりますが、レギュレーションに指定されていない場合は、3~5行を目安に空白行を入れると良いでしょう。


5-2.画像などを適宜いれる

文字だけが並ぶページは変化がなくかたいイメージがあり、読みづらい印象を与えがち。そこで画像を効果的に挿入することで、飽きずに読み進めやすくなります。アイキャッチ画像や本文中に入れる画像を選ぶときは、記事の内容や雰囲気に合わせたものを選ぶことがポイントです。


アイキャッチ画像とは、Webページのタイトル下にある「目を引く」画像のことで、ページの内容やコンテンツの雰囲気を視覚的に伝えられます。アイキャッチは、記事ランキングや関連リンク、SNSなどにタイトルとともに画像が表示されるため、読者の興味を引く画像を選ぶことが肝心です。


画像はオリジナルがあれば良いですが、画像素材を無料で提供しているウェブサイトがあるため、そこからイメージに近いものを選んで使用することもできます。


5-3.箇条書きや表などで要点をまとめる

比較する対象が複数あるとき、列挙する事柄が3つ以上あるとき、手順を簡単に示すときなどは、箇条書きや表を使ってわかりやすく伝えましょう。文章で説明するよりも、端的にポイントが把握でき、読者の理解もスムーズです。


見た目にもスッキリとして、レイアウトにも変化が生まれ、読者の印象にも残りやすくなります。特に、ハウツー記事では、箇条書きの文頭に数字の連番を振って要点の流れを示してから、それぞれの詳細な説明を加える手法が一般的です。


5-4.マーカーや太字にするなど装飾をする

重要な箇所は適宜文字の色を変えたり、太字にしたりすることで、ストレスなく読みやすくなります。また、装飾して強調することで、明確に伝えたいポイントであることが伝わりやすく、せっかちな読者も要点を拾いやすくなり記事への満足度が高まるでしょう。


装飾をする際は、「重要語句は赤字、ポイントとなる文はマーカー」など、ルールを決めて使い分けるとより効果的です。


6.検索エンジンに評価されるための3つのコツ

記事がより多くの読者の目に触れるためには、検索で上位表示されることが一つ重要なポイントとなります。上位表示されるためには、記事が読者のニーズにこたえる有益な情報として検索エンジンに評価されなければいけません。ここでは、検索エンジンに評価されるための3つのコツについて解説します。

6-1.「網羅性」を確保する

Webで知りたい情報を検索したときに、1つのサイトでは情報が足りずに、複数のサイトを確認することがあります。読者はてっとり早く答えを知りたいため、無駄にネットサーフィンはしたくないと思うものです。そこで、一度で検索を完結できるように、その検索キーワードで求められる情報を一通り記事で網羅すること、つまり「網羅性」を確保することが大切になります。


キーワードで求められる情報を考えるときは、すでに上位表示されている競合サイトを見て、読者がどのような疑問を解決したくて検索したのかをまず考えましょう。そこから求められる答えとなる情報や、また、複数の競合サイトに共通して提示されている情報などを記事の中で提示します。そうすることで、読者のニーズにこたえる有益な記事として、検索エンジンの評価も得られやすくなるのです。


6-2.「独自性」を盛り込む

検索エンジンから評価され上位表示につなげるポイントとして、「独自性」があります。「独自性」とは、既存記事にはない見解やアイデア、データなどのオリジナルの情報を盛り込むことです。


Web上には多くのコンテンツが溢れていて、似通った内容の記事を多く見かけます。他のサイトにはない要素で、読者にとって役に立つことはないかを考えて、些細なことでもオリジナルのポイントを盛り込めるように意識しましょう。


6-3.「E-A-T」を意識する

E-A-Tとは、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の略です。検索エンジンでは、記事がE-A-Tを満たしているかを品質評価の基準にしています。


Googleでは、品質評価のガイドラインを公開しているため、ガイドラインに即した内容を意識してコンテンツを作れば、質の良いコンテンツを作ることが可能です。それにより、検索エンジンの高評価も期待できます。


7.Webライティング力を磨くための4つの方法




これからWebライティングを始める方や、自身のWebライテイング力を磨きたいという方に向けて、ここではそのスキルを磨くための4つの方法をお伝えします。


7-1.自分でブログを書いてみる

もっとも始めやすく効果的なやり方の一つとして、自分でブログを開設し、そこで文章を書く方法があります。自分のブログならテーマは自由で、自分の好きなことや得意なことに関する内容なら、ライティングも比較的しやすいでしょう。


自身の書いた記事が検索で上位表示されるのは、簡単なことではありませんが、これまでにお伝えしてきたコツを駆使して、読者のニーズにこたえる記事を作ろうと毎回改善しながら、何本も書くことが大切です。


7-2.Webライティングに関する本で学ぶ

Webライティングに本格的に取り組むなら、実績のあるWebライターが書いた本やWebライティングの教本などを読んでみるのがおすすめです。Webライティングの極意や読者に刺さる表現など、ポイントを効率的に学べます。


本を選ぶ際は、出版年が新しいものを選びましょう。出版年が古いと情報も古く、SEO事情が変化している可能性があります。


7-3.副業や単発案件に挑戦してみる

Webライティングをすでに始めているという方は、Webライティングの副業や単発案件に挑戦してみてはいかがでしょうか。クラウドソーシングサイトなどでは、Webライターを募集しているところは多く、初心者でも書ける記事の案件もあります。


なかには、執筆した記事に対して丁寧に添削してフィードバックをもらえることもあるため、ライティング力強化にとても役立ちます。記事が採用されれば収入にもなり一石二鳥です。


7-4.関連の資格取得に挑戦する

Webライティングに関する一通りの知識を広く身につけたいなら、ライティングに関する資格取得もおすすめです。Webライティング関連の資格は、Webライティング能力検定、WEBライティング技能検定などがあり、運営団体により名称はさまざまです。


内容はいずれもWebライティングに関する技能や仕事についての知識で、ひと通りの流れが網羅的に学べます。以下の関連記事内ではそれらの資格の紹介もしているので、ぜひ参考にしてください。



8.Webライティング上達の近道はコツをふまえて数をこなすこと

Webライティングの上達には、ここで解説したような手順に沿って、たくさんの記事を執筆することが近道です。ここでお伝えしたコツをふまえながら数をこなすことで、知らず知らずのうちにライティング力は向上し、読者にとって有益なコンテンツを発信ができるようになっていくでしょう。


株式会社ココエでは、SEOに関するノウハウ記事のほか、トレンドの紹介、セミナーや勉強会のレポートなど、お役立ち情報を発信しています。ぜひ弊社のブログnoteもご活用ください。


また、Webライティングのスキルは、デジタルマーケティングを効果的に進めるために必須ですが、これからのDX時代では他にもデジタル技術に精通した社員の育成が急務です。ココエの「DX人材講座」なら、現場実践にフォーカスしたプログラムで効率的にスキルを習得できます。DXに乗り遅れないためにも、ぜひ活用をご検討ください。


お問い合わせはこちら

株式会社ココエについて1分でわかる資料請求はこちら


コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page