top of page

【図解】SEMとは?SEOとの違い・具体的な施策を解説!


SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略称で、検索エンジンを使ったマーケティングを総称したものです。SEOやリスティング広告が、SEMに含まれます。


SEMは、検索流入を増やしたりWebサイトのコンバージョンをアップさせたりと、Webでの売上向上に役立てられます。しかし、「SEMとSEOの違いがよくわからない」と悩まれているマーケティング担当者もいるのではないでしょうか。


この記事では、SEMの理解を深めてもらえるように、SEMの全体像やSEOとリスティング広告との違いを解説します。


最後まで読み進めてもらえると、SEMの基礎知識が理解できて、自社サイトの運営に活用してもらえるようになります。




1. 【図解】SEMとは?SEO・リスティング広告との違い

SEMとは、「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略称で、検索エンジンを活用したマーケティング全てを指します。検索エンジン上のWebサイトやランディングページの集客を目的として、SEMがあります。


SEMと間違えやすいマーケティング用語にSEOがありますが、下の図のように、SEOはSEMの一部と考えてもらうと分かりやすいです。

検索エンジンを使ったマーケティングでは、SEOを思い浮かべる人も多いですが、SEMの施策の一つがSEOということです。


1-1. SEOとは?

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称で、自然検索からの流入数・CV数を増やすために、検索結果で上位表示を狙う施策のことを指します。


またSEOの施策には、内部施策と外部施策の2つに分けられます。


【内部施策】

内部対策は、サイト内の要素や構造を整備して、自社サイトを検索エンジンに正しく評価してもらうための施策のことです。


具体的には、以下の施策が該当します。

  • HTMLタグの設定

  • サイト構造の設計

  • 内部リンクの貼り付け など

これらの施策は、ユーザーニーズを満たしたコンテンツ制作やユーザーの有用性・利便性を追及するためにあります。


Googleの公式サイトでは以下のように掲載されています。


Google の自動ランキング システムは、検索エンジンでのランキングを上げることではなく、ユーザーにメリットをもたらすことを主な目的として作成された、有用で信頼できる情報を検索結果の上位に掲載できるように設計されています。

内部施策を行ううえで、ユーザーの利便性や信頼性を重要視して、検索意図を満たすコンテンツを作成することが重要です。


【外部施策】

外部施策とは、被リンクと呼ばれる外部サイトからのリンクを得て、検索エンジンからの評価を向上させる施策のことです。


自社サイトと関連性の高いサイトや良質なサイトからの被リンクは、検索エンジンから「このサイトは信頼性の高い、ユーザーにとって優良なコンテンツだ」と認識されます。その結果、検索ページで上位表示されやすくなります。


SEOに関してさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。



1-2. リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンで検索結果の上部に表示される広告のことです。ユーザーの検索クエリに対して広告表示できることから、「検索連動型広告」と呼ばれています。


画像の赤枠部分がリスティング広告です。

リスティング広告の配信では、ユーザーの検索クエリを参考にしながらキーワード選定をし、広告タイトルや本文を作成します。ユーザーの検索ワードと広告配信で設定したキーワードが一致した際に、リスティング広告が表示される仕組みです。


リスティング広告を配信する目的は、広告のクリックで任意のWebページやランディングページに遷移させて、集客やコンバージョンにつなげることです。SEOとリスティング広告はどちらもSEMで欠かせない施策ですので、それぞれの特徴の違いを次章で確認してみてください。


2. 【項目別】SEOとリスティングの違い

SEMを理解するために、SEOとリスティング広告の違いを把握しておきましょう。

どちらも集客や売上向上につなげられる手法ですが、コスト面やクリック率などの違いがあります。

SEO

リスティング広告

費用

自社で運用する場合には、基本的に費用はかからない

(※コンサルタントやライターに依頼した場合は費用が発生する)


基本的に費用が発生する

クリック率

高い

低い

効果

即効性が低い

即効性が高い

コントロール性

低い

高い

それぞれの違いに関して、項目別で詳しく解説します。


2-1. 費用の違い

SEOは無料で対策することも可能ですが、リスティング広告は必ず費用が発生します。

それぞれの費用の違いは以下の通りです。


【SEO】

  • SEOコンサル(依頼した場合のみ)

  • ライターへの記事執筆(依頼した場合のみ)

【リスティング広告】

  • 広告費(必ず発生する費用)

  • 広告運用代行費用(依頼した場合のみ)

SEOは、検索エンジンの検索結果に自社サイトを表示するのが目的なので、サイト運営者にSEOの専門知識があれば、費用をかけずに対策が可能です。ただし、SEOコンサル会社や記事制作をライターに依頼した際には、費用が発生することを覚えておきましょう。


一方でリスティング広告は、Googleが提供する広告サービスですので、必ず広告費が発生します。さらに運用をプロに依頼する場合にも、代行費用が発生します。


2-2. クリック率の違い

クリック率は、リスティング広告よりもSEOが高い傾向にあります。

リスティング広告の平均クリック率は3.17%に対し、自然検索での1位のクリック率は約14%です。


リスティング広告は自然検索よりも上位表示されますが、かならず「広告」と記載され、ユーザーは一目で広告と認識できます。


Webでの情報収集や買い物が一般的になってきたことで、ネット広告に対するリテラシーが高まり、広告を避けるユーザーが増えてきました。その結果、SEOでの検索結果をクリックするユーザーの割合が高くなります。


SEOのクリック率に関して、わかりやすいグラフがあります。

※日本は赤枠で囲った薄ピンク色の線


このデータは、検索結果1位から10位までのクリック率を国別でグラフ化したものです。日本では、検索結果1位のサイトのクリック率が約14%という数字がでています。


検索結果で1位の記事は約14%の人がクリックしているので、100人が検索したら約14人がクリックしている計算です。たとえば、月間検索ボリュームが10,000であれば、単純計算で約1,400人がWebサイトに訪問していることになります。

※クリック率は、クリック率=クリック数÷表示回数×100で求められます。


2-3. 効果の違い

SEOとリスティング広告は、効果が表れるタイミングに差があります。


リスティング広告は、SEOに比べると即効性の高いマーケティング施策といえます。広告予算や出稿キーワード、LPとの関連性など、広告運用の最適化や広告内容の作り込みが必要ですが、すぐに検索結果の上位に表示されて検索ユーザーの流入を見込めます。


一方でSEOは、ユーザーの獲得やCVにつなげるまでに時間がかかるため、即効性の低いマーケティング施策といえます。成果が出るまでに1年単位で考えておく必要があります。しかしSEOは一度上位表示されるとユーザーの流入を継続的に確保しやすく、Web集客が安定しやすいという特徴もあります。


2-4. コントロール性の違い

コントロール性に関しては、リスティング広告の方が高いといえます。なぜなら、リスティング広告は広告の管理画面でターゲットユーザーの属性を設定したり変更したりして、いつでも集客したいユーザーを簡単に調整可能だからです。


一方でSEOは、コントロール性が低いマーケティング施策です。検索エンジンのアルゴリズムによって表示の順位が決まるほか、検索エンジンのアップデートにより、一度上位表示した記事がアップデート後に検索結果1ページ目から外れるなんてこともあります。


そのため、リアルタイムで集客したユーザーが調整できず、コントロール性に優れているとは言えません。


3. SEOとリスティング広告の使い分けについて

SEOとリスティング広告の使い分けですが、結論からいうと、どちらも並行して施策を行うことをおすすめします。


SEMでは、SEOで検索結果の上位表示を狙い、持続的な検索流入を確保しつつ、Web集客を軌道に乗せることが重要です。ただし、SEOだけでは時間がかかるため、即効性の高いリスティング広告を運用してWeb集客を補填することが大切です。


SEOは、効果がで始めたら費用対効果の高い集客を見込めます。SEOが軌道に乗れば、リスティング広告の運用を減らすなどして、Web集客にかけるコストを抑えていくといいでしょう。


以上の理由から、SEO対策を主軸として進めながら、リスティング広告も同時に進めるのがおすすめです。


4. まとめ

本記事では、SEMの基礎知識、SEMとSEOの違いを詳しく解説しました。


SEMは、SEOやリスティング広告などの検索エンジンを使用したマーケティングの総称を指します。Webサイトのコンバージョン率をあげるためには、検索流入を増やすことが重要です。しかし、SEMをマーケティング活動に活用したくても、以下のように悩まれている人もいるのではないでしょうか。

  • 「自社に合わせた具体的なマーケティング施策がわからない」

  • 「マーケティングを担当する人手が不足している」

このような場合には、マーケティングの専門家に相談するのも一つの方法です。


株式会社ココエでは、デジタルマーケティングに関するノウハウと経験があり、さまざまな企業のマーケティング施策のお手伝いをしています。デジタルマーケティングに関して、お気軽にお問い合わせください。


▶︎お問い合せはこちら


▶︎株式会社ココエについて1分でわかる資料請求はこちら


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page